So-net無料ブログ作成
検索選択

反省点-1 [引き渡し後]

建物を計画して打ち合わせをしている段階では
色々よく考えていたつもりでも、実際完成してみると
ああすればよかった等、失敗したと思える点があります。

その反省点を思いついた事から書いていきたいと思います。
今回はエアコンの取り付けについてです。

設計段階では全く意識していなかった(エアコンの取り付け
場所の記述さえあれば問題ないと思っていた)のですが
実際は取り付け場所の幅や、室外機の置き場所について
よく考えておかないと後々問題となります(なりました)

例えばここ
20130818-a-1.jpg

リビングなのですが、窓と和室の下がり壁の間に取り付ける
想定でしたが、実際に取り付けの準備を始めると
20130818-a-2.jpg

壁からカーテンレールの端までの幅が約81cmしかありませんでした。
最近のエアコンは室内機の幅が多くは798mm、高性能なものは800mmを
優に超える横幅があります。

取り付け作業、メンテナンスの都合上左右に30mm~50mmは欲しい
ので710mm~750mmぐらいの室内機が望ましい事になります。

幸い富士通に728mm幅の機種があったので取り付けが出来ましたが
色々機能が付いた最新の機種は選択できません。
20130818-a-3.jpg

これが何とか設置できた富士通のAS-S563KS2です。
家電量販店のK'S電気専売モデルで機能的には
富士通のRシリーズとSシリーズの中間的な機種となります。
(ベースモデルは2010年型のSシリーズ)

室外機の設置場所
20130818-a-4.jpg

写真赤丸部分にエアコンのスリーブがあるのですが
ベランダ設置時に特に意識をしていなかったため、スリーブの手前
までしかベランダの長さがありません。

おかげでこの部屋にエアコンを設置する場合、配管を1階まで
下ろして地面に室外機を置くことになります。

角までベランダを伸ばしていれば、ベランダに室外機が置けて
エアコンの設置も楽に出来た筈です・・・。

とりあえず失敗したなぁ、と感じた点の1回目はエアコンに
関して書かせてもらいました。(続くかな?)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。